Google検索


  • NAGIの小箱 を検索
    WWW を検索

おすすめの本_

おすすめの本

ジャンル別


  • 文学・評論

  • 女性学

  • こども


  • 三島由紀夫占い:今日はこの本を読むといいことがあるかも
フォト
無料ブログはココログ

« 映画『父と暮せば』 | トップページ | 尾道 »

2004/09/19

『山代巴』出版記念会

昨日、小坂裕子さんの『山代巴-中国山地に女の沈黙を破って-』の出版記念会に行きました(於 広島市まちづくり市民交流プラザ)。

小坂さんは、ジェンダー関係の出版やミニコミ紙を発刊している家族社のスタッフ。ということで、家族社のネットワークを駆使しての、パフォーマティブな会でした。司会は、家族社の高雄さん。

(1)民族太鼓のパフォーマンス
(2)挨拶 家族社代表 中村隆子さん
(3)入門・山代巴『山代巴文学紀行』藤川あやみさん(山代巴研究所)スライドと朗読
(4)特別講演 樋口恵子さん(評論家)「村の嫁さん、町の嫁さん」
(5)著者講演 小坂裕子さん「山代巴とフェミニズム」

私はここまで失礼してしまったのですが、このあと、パフォーマンスやフロアーからの「わたしが語る山代巴」などの企画があったようです。
以下、簡単な感想を。

(3)パワーポイントにより、山代巴の歩みがとてもわかりやすくまとめられていて、文学館等で常時視聴することができればよいなあ、と思わせる内容でした。
山代巴研究所」は、非核自治体宣言をしている三良坂町の町民有志が、平和・人権学習のために作ったようです。戦争中に思想犯として三次女囚刑務所に入れられていた山代さんに対して、最初は「国賊」扱いしていた看守たちが次第に彼女に大きな信頼を寄せていった過程などを教えられました。

(4)樋口さんの講演は、樋口節炸裂!といった感じ。
「嫁学事始」と題して、決して「嫁」ではない「サザエさん」の話を枕に、絶滅の危機にある「嫁」が連綿と続いていることを、各地の例をあげつつ説かれました。今の世に、驚くような嫁差別の風習が残っているところが数多くあるようです。嫁に関する諺などをいくつもあげられましたが、「嫁は、10人家族のとろろ飯の給仕をしながら、一等最初に食べ終わらなくてはならない」というのはなかなかすごい。食いしん坊の私などとてもダメですなあ。また、結婚後初めて夫の実家に行ったときの嫁への仕打ちの数々にも驚かされました。やれやれ。本当に、身分の上下を問わず、日本社会に嫁問題はタテに貫通しているようです。

(5)小坂さんは、山代巴に対する人間性への共感と作品に感じる違和感の落差を説明されました。山代さんは、農村にある嫁姑問題を女性の人権を阻むものととらえ、抑圧の委譲・加害と被害の連鎖を断ち切らねばならないと考えました。そのために女性は自己表現力を磨き、発言力をつけねばならない、仲間をもたねばならないことを主張したのですが、小坂さんは、ここまでは山代さんの考えを支持できると言います。ですが、山代さんが、嫁姑問題の背後にある男性の問題・家父長制制度自体に踏み込んでいないことに、不満を感じたと言います。
そうした限界のために、山代さんの文学が、都市の女性たちに届かなかった。代表作である『荷車の歌』も、かわいそうな女の物語として男受けのよい作品であって、女性研究者が山代さんを評価していないと言います。(耳がいたい)。限界をふまえた上で、山代さんをフェミニズムの立場から評価していこうとする小坂さんの姿勢に、教えられました。
私自身も地域の文学を、もっと勉強していきたいと思います。

小坂さん、家族社のパワフルな力をもらった会でした。

« 映画『父と暮せば』 | トップページ | 尾道 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49558/1472209

この記事へのトラックバック一覧です: 『山代巴』出版記念会:

« 映画『父と暮せば』 | トップページ | 尾道 »

twitter

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

DVD

  • 春の雪
    :
    春の雪
  • 憂国
    :
    憂國
  • 炎上
    :
    炎上
  • 午後の曳航
    :
    午後の曳航
  • ラビリンス 魔王の迷宮
    :
    ラビリンス 魔王の迷宮 コレクターズ・エディション
  • きみはペット
    :
    きみはペット DVD-BOX
  • 野田版 研辰の討たれ
    :
    歌舞伎名作撰 野田版 研辰の討たれ
  • 阿修羅城の瞳 舞台版(2003)
    :
    阿修羅城の瞳 映画版(2005) & 舞台版(2003) ツインパック

CD

  • 曽根麻矢子 -

    曽根麻矢子: バッハ:ゴルトベルク変奏曲
    最近のお気に入りは、曽根麻矢子さん。「イギリス組曲」や「イタリア協奏曲」も素敵ですが、やはりこの1枚がおすすめ。丁寧な演奏と美しい音質にとても好感がもてます。

  • ヨーヨー・マ -

    ヨーヨー・マ: ヨーヨー・マ ベスト・コレクション
    「リベルタンゴ」やバッハの無伴奏も入っているので、ヨーヨー・マで一枚だけ、となると、やっぱりこれかな。。それぞれのアルバムで聴きたいところですけどね。

  • Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman -

    Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman: Vivaldi's Cello
    知性と穏やかさの感じられるヨーヨー・マの演奏。これは、よく聴くアルバム・ベスト3の一つです。

  • 春風亭小朝 -

    春風亭小朝: 小朝の夢高座Op.1「牡丹燈籠 ― 御札はがし」
    うまい! 何でこんなにうまいんだろう。落語家につける形容詞じゃないけど、スキのないうまさを堪能できる。もっとCDを出してくれることを切望。

  • のだめオーケストラLIVE!
    のだめオーケストラ・東京都交響楽:

    「のだめオーケストラ」LIVE!

    娘がピアノの練習を嫌がらずやるようになった、ありがたーいCD。2-2の2小節で間違えるバージョンがことのほかお気に入りの様子。クラッシックの入門編として。
  • Best of Bowie(US)
    David Bowie:

    Best of Bowie (Bonus CD)

    とりあえずデヴィッド・ボウイを聴きたい方へ。変遷を手際よくたどるのに好適!
  • Labyrinth
    Original Soundtrack:David Bowie:

    Labyrinth: From The Original Soundtrack Of The Jim Henson Film

    映画「ラビリンス」のサウンドトラック版。音楽的にもなかなかよい。バブバブ言っているのがボウイだと想像すると微笑ましい。
  • バッハ:ブランデンブルグ交響曲5番
    トレバー・ピノック/イングリッシュ・コンサート:

    Bach: Brandenburg Concertos Nos. 4-6; Triple Concerto BWV 1044

    硬質なカシャカシャとした音が、バロックにとても合っていて、気分が落ち着きまする。
  • Karajan Spectacular
    カラヤン:

    Karajan Spectacular

    そうは言っても、「ワルキューレの騎行」は、クナよりもカラヤンをとりたい。
  • ワーグナー:名演集
    クナッパーツブッシュ/ウィーン・フィル:

    ワーグナー:名演集

    「すばらしい」の一言。夾雑物が何もなく、ワーグナーの音自体が見事に立ち上がってくる。