Google検索


  • NAGIの小箱 を検索
    WWW を検索

おすすめの本_

ジャンル別


  • 文学・評論

  • 女性学

  • こども


  • 三島由紀夫占い:今日はこの本を読むといいことがあるかも
フォト
無料ブログはココログ

« 『特捜戦隊デカレンジャー THE MOVIE』 | トップページ | 子どもに向かう凶暴な力 »

2004/09/14

『アフターダーク』

このブログ、「ジェンダー? 文学? ……な生活」なんて副題をつけて看板に偽りあり状態なので、少しは「文学」を。

アフターダーク
村上 春樹
講談社 2004-09-07


by G-Tools
村上春樹久々の作品。「長篇小説」ということで、確かに短くはないけど、『海辺のカフカ』のような長い作品だと思っていると拍子抜け。あいかわらず色々な物語が一つにまとまらないままで終わっているが、『-カフカ』のように、何はともあれ読み切ったといった達成感をもてない。もちろん狙ってやっているのだろうけど、この作に対しては、もはや謎解きや象徴探しをしたくなるような欲望にはかられない。 なぜこれを書かなくてはならなかったのか、よくわからない。わかりたいと思わせるものがない。

「私たち」というカメラのような視点が最初から出てきて、「語り」の面で「実験作」ということになるのだろう。とても映画的だ。ただ、その手法もご都合主義的なものになってしまっている。
映画的手法を小説に積極的に導入している作家として金井美恵子がいるが、金井の『噂の娘』が映像の断片が長篇のなかにうまく織り込まれ、かけがえのない時間の像を読者の中に形成することに成功しているのに対して、『アフターダーク』は、私という読者を「私たち」なんていう中にくくりこまないでほしい、という反発をよびおこされてしまう。読者の異化も狙いだ、というのかもしれないが。

ただ、文章は、おそろしいほど錬磨されている。かっちりと作られた、きわめて強い文体だ。だが、その文体で、何を書くというのか?
マリをはじめ、一人一人の人物は、きれいに形象されているのだが、全体の印象が希薄なのだ。
それが現代社会を一つのカメラで切り取った図なのだろうけど。

« 『特捜戦隊デカレンジャー THE MOVIE』 | トップページ | 子どもに向かう凶暴な力 »

コメント

またまた、ありがとうございます~~私が編者をした『クィア批評』を、ご紹介くださり、嬉しいです。

もう、私は優れた執筆者の方々の御論文をとりまとめただけですから、雑用以外は何もしていないのに、厚かましく「編」なのですが、みなさんの御論文は面白いですよ!

おたくの大学、ものすっごく雑務が多いそうですね。某英米文学関係の方々がぼやいておられました・・・国立がそうならば・・・ため息。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49558/1436096

この記事へのトラックバック一覧です: 『アフターダーク』:

« 『特捜戦隊デカレンジャー THE MOVIE』 | トップページ | 子どもに向かう凶暴な力 »

twitter

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

DVD

  • 春の雪
    :
    春の雪
  • 憂国
    :
    憂國
  • 炎上
    :
    炎上
  • 午後の曳航
    :
    午後の曳航
  • ラビリンス 魔王の迷宮
    :
    ラビリンス 魔王の迷宮 コレクターズ・エディション
  • きみはペット
    :
    きみはペット DVD-BOX
  • 野田版 研辰の討たれ
    :
    歌舞伎名作撰 野田版 研辰の討たれ
  • 阿修羅城の瞳 舞台版(2003)
    :
    阿修羅城の瞳 映画版(2005) & 舞台版(2003) ツインパック

CD

  • 曽根麻矢子 -

    曽根麻矢子: バッハ:ゴルトベルク変奏曲
    最近のお気に入りは、曽根麻矢子さん。「イギリス組曲」や「イタリア協奏曲」も素敵ですが、やはりこの1枚がおすすめ。丁寧な演奏と美しい音質にとても好感がもてます。

  • ヨーヨー・マ -

    ヨーヨー・マ: ヨーヨー・マ ベスト・コレクション
    「リベルタンゴ」やバッハの無伴奏も入っているので、ヨーヨー・マで一枚だけ、となると、やっぱりこれかな。。それぞれのアルバムで聴きたいところですけどね。

  • Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman -

    Yo-Yo Ma with The Amsterdam Baroque Orchestra & Ton Koopman: Vivaldi's Cello
    知性と穏やかさの感じられるヨーヨー・マの演奏。これは、よく聴くアルバム・ベスト3の一つです。

  • 春風亭小朝 -

    春風亭小朝: 小朝の夢高座Op.1「牡丹燈籠 ― 御札はがし」
    うまい! 何でこんなにうまいんだろう。落語家につける形容詞じゃないけど、スキのないうまさを堪能できる。もっとCDを出してくれることを切望。

  • のだめオーケストラLIVE!
    のだめオーケストラ・東京都交響楽:

    「のだめオーケストラ」LIVE!

    娘がピアノの練習を嫌がらずやるようになった、ありがたーいCD。2-2の2小節で間違えるバージョンがことのほかお気に入りの様子。クラッシックの入門編として。
  • Best of Bowie(US)
    David Bowie:

    Best of Bowie (Bonus CD)

    とりあえずデヴィッド・ボウイを聴きたい方へ。変遷を手際よくたどるのに好適!
  • Labyrinth
    Original Soundtrack:David Bowie:

    Labyrinth: From The Original Soundtrack Of The Jim Henson Film

    映画「ラビリンス」のサウンドトラック版。音楽的にもなかなかよい。バブバブ言っているのがボウイだと想像すると微笑ましい。
  • バッハ:ブランデンブルグ交響曲5番
    トレバー・ピノック/イングリッシュ・コンサート:

    Bach: Brandenburg Concertos Nos. 4-6; Triple Concerto BWV 1044

    硬質なカシャカシャとした音が、バロックにとても合っていて、気分が落ち着きまする。
  • Karajan Spectacular
    カラヤン:

    Karajan Spectacular

    そうは言っても、「ワルキューレの騎行」は、クナよりもカラヤンをとりたい。
  • ワーグナー:名演集
    クナッパーツブッシュ/ウィーン・フィル:

    ワーグナー:名演集

    「すばらしい」の一言。夾雑物が何もなく、ワーグナーの音自体が見事に立ち上がってくる。